ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > 産業・しごと > 建築 > 建築関連 > ブロック塀等安全対策補助金制度について
フロントページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災 > 災害に備える > ブロック塀等安全対策補助金制度について

ブロック塀等安全対策補助金制度について

印刷用ページを表示する更新日:2022年4月1日更新 <外部リンク>

小山市ブロック塀等安全対策補助金制度について

補助制度の内容

 安全安心に生活できるよう、地震等に伴うブロック塀等による被害の軽減及び避難路の寸断を防ぐことを目的として、ブロック塀等の安全対策工事をする方にその費用の一部を補助します。
 なお、受付前には事前相談が必要となります。建築指導課までお問合せください。

補助対象ブロック塀等

1.コンクリートブロック塀、石塀、れんが塀 等
2.建築基準法に規定する道路に面する塀
3.建築基準法施行令に規定する高さ、壁の厚さ、控え壁の設置等の基準を満たしていないもの
※以下に添付する塀等の点検表を用います。

補助の申請ができる方

1.小山市内に設置されているブロック塀等の所有者の方
2.市税の滞納がない方

補助の対象となる工事

1.補助対象となるブロック塀等の「撤去工事」または「撤去及び軽量な塀等の設置工事」であること。
2.市内に事務所若しくは事業所を有する法人または市内に住所を有する個人事業者に請け負わせる工事であること。
3.申請した年度の2月末までに工事が完了すること。
※ただし、次のいずれかに該当する場合は、補助金交付の対象となりません。
・ブロック塀等が設置されている土地または附属する建物の販売を目的とする場合
・国、県または市等による公共事業等に伴う損失補償の対象となる場合
・同一の敷地において、既にこの要綱に基づく補助金または小山市生垣設置費用助成金交付規則に基づく助成金を受けている場合

補助金の額

◆「撤去工事」のみの場合
 A:工事に要する額(見積額)
 B:工事の対象となる塀等の長さ(メートル)× 18,000円
 上記のAまたはBの少ない額 × 補助率2分の1(限度額10万円)
 ※通学路に面している場合は、補助率4分の3、限度額15万円となります。
◆「撤去及び軽量な塀等の設置工事」の場合
 C:工事に要する額(見積額)
 D:工事の対象となる塀等の長さ(メートル)× 39,000円
 上記のCまたはDの少ない額 × 補助率2分の1(限度額30万円)
 ※通学路に面している場合は、補助率4分の3、限度額45万円となります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)