ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 消防・救急 > 消防 > 119番通報や災害現場での多言語対応(21言語)

119番通報や災害現場での多言語対応(21言語)

印刷用ページを表示する更新日:2022年2月8日更新 <外部リンク>

119番通報や災害・救急現場での会話が通訳を介して円滑で正確に

小山市消防本部では、日本語での119番通報が困難な方のために、民間サービスの多言語通訳を利用しています。

  1. 開始日 平成28年12月1日(木曜日) 
  2. 利用時間 24時間
    ※平成29年4月1日以降、利用時間が24時間対応になりました。
  3. 対応言語 英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語・タイ語・ベトナム語・インドネシア語・タガログ語・ネパール語・ドイツ語・フランス語・イタリア語・ロシア語・マレー語・ミャンマー語・クメール語・モンゴル語・シンハラ語・ヒンディー語・ベンガル語
    ※令和3年12月以降、20か国語から21か国語対応になりました。

119番通報時(三者間通話)

119番通報時に「通報者、消防、通訳者」の三者間通話にします。日本語が話せない方でも安心して119番をご利用いただけます。

三者間通話
※119番通報時の通話イメージになります。

災害・救急現場活動時(二者間通話)

災害・救急現場では消防職員と外国人関係者が携帯電話を介して通訳者と交互に事情聴取することが可能になります。これにより現場での活動がスムーズになります。

二者間通話
※携帯電話を介しての通訳者との通話イメージになります。