ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

公式サイトがつながりにくい場合にはヤフー株式会社の協力によるキャッシュサイト<外部リンク><外部リンク>をお試しください

市長からのメッセージ
新型コロナウイルス感染拡大防止のための対策
窓口・手続き関連情報
市民アンケート

新型コロナワクチン接種後の健康被害救済制度について

印刷用ページを表示する更新日:2022年7月20日更新 <外部リンク>

新型コロナワクチン接種後の健康被害救済制度について

予防接種は感染症を予防するために重要なものですが、健康被害(病気になったり、障がいが残ったり)が起こることがあります。

極めてまれではあるものの、副反応による健康被害をなくすことはできないことから、接種に係る過失の有無に関わらず、予防接種と健康被害との因果関係が認定された方を救済する制度が設けられています。

【給付の流れ】

 請求者は、給付の種類に応じて必要な書類を添えて小山市に請求(提出)します。本市は請求書を受理した後、小山市予防接種委員会(健康被害調査会議)において医学的な見地から当該事例について調査等を行い、県を通じて国へ進達をします。

詳しくは下記外部リンクをご確認ください。

(厚生労働省:予防接種健康被害救済制度について)<外部リンク>