ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
国史跡 摩利支天塚・琵琶塚古墳資料館
常設展示
まり・びわ古墳の会
ココシル小山

国史跡 摩利支天塚古墳と琵琶塚古墳

印刷用ページを表示する更新日:2022年9月30日更新 <外部リンク>

国史跡 摩利支天塚古墳(まりしてんづかこふん) 

 築造時期:5世紀末から6世紀初め

 墳  丘 長:120.5メートル

 文化財指定:昭和53(1978)年

 墳丘が100メートルを超える栃木県内最大級の前方後円墳のひとつで、古代下毛野国の中心地が思川周辺に移った時の、初代首長のお墓と考えられています。

 後円部には、摩利支天社がまつられており、本殿は市指定文化財になっています。

摩利支天塚古墳

国史跡 琵琶塚古墳(びわづかこふん) 

 築造時期:6世紀前半

 墳  丘 長:124.8メートル

 文化財指定:大正15(1926)年

 摩利支天塚古墳に続く、2代目の首長のお墓と考えられている前方後円墳です。

 その大きさは摩利支天塚古墳をしのぎ、つくられた当時は1000本もの円筒埴輪が墳丘の上に並べられていました。

琵琶塚

 

菜の花

春には菜の花に彩られた古墳をご覧いただけます!