• 【ID】P-932
  • 【更新日】2021年10月5日
  • 【アクセス数】
  • 印刷する

どのくらいの広さの建築物が建てられますか?

お答えします

敷地には、それぞれ「用途地域」が定めてあり、この用途地域によって「建ぺい率」と「容積率」が決められ、建てられる建築物の大きさの限度が決められます。

「建ぺい率」は、通称【建坪】といわれる建築面積の敷地面積に対する割合のことです。

例えば、敷地面積が300平方メートルで「建ぺい率」が60パーセントであれば、建築面積は300平方メートルの60パーセントの180平方メートルまで建築可能ということになります。

「容積率」は、建築物全体でどれくらいの床面積を確保できるかを決めたもので、延べ面積(各階の床面積の合計)の敷地面積に対する限度の割合のことです。

例えば、敷地面積が300平方メートルで「容積率」が200パーセントであれば、延べ面積は300平方メートルの200パーセントの600平方メートルまで建築可能となります。

用途地域ごとに制限が異なります。

 

このページの内容に関するお問い合わせ先

建築指導課 審査係

〒323-8686 栃木県小山市中央町1丁目1番1号 4階

電話番号:0285-22-9232

ファクス番号:0285-22-9685

メールでお問い合わせをする

アンケート

小山市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?