ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

鈴木まもる 絵本と世界の鳥の巣展(2022年7月9日~9月11日)

印刷用ページを表示する更新日:2022年7月26日更新 <外部リンク>

「鈴木まもる 絵本と世界の鳥の巣展」

torinosu
鈴木まもる《Bird's Nests of the World》 2012年 作家蔵

 

トリノギとりとす

鈴木まもる 絵本と世界の鳥の巣展 チラシ [PDFファイル/935KB]

会  期:2022年7月9日(土曜日)~9月11日(日曜日)
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休 館 日:毎週月曜日(7月18日は開館)、7月19日(火曜日)、22日(金曜日)、
      8月12日(金曜日)、26日(金曜日)
観 覧 料:一般400円(団体300円)、大高生250円(団体150円)
     *中学生・義務教育学校生以下無料 *団体は20名以上
     *障がい者手帳をお持ちの方と付添1名無料
     *おやまミュージアム割引 小山市立博物館企画展の半券(2022年4月以降の日付印がある
      もの。年度内、1回限り有効)で一般100円、高校大学生50円を割引(ほかの割引との併
      用不可)
主  催:小山市立車屋美術館
後  援:朝日新聞宇都宮総局、FMおーラジ、エフエム栃木、産経新聞社宇都宮支局、下野新聞社、
     テレビ小山放送、東京新聞宇都宮支局、とちぎテレビ、栃木放送、毎日新聞宇都宮支局、
     読売新聞宇都宮支局

INFORMATION

[Exhibition title]

SUZUKI MAMORU Picture book original picture and birds' nests of the world

[Exhibition period]

July 9th(Sat.)-September 11th(Sun.), 2022

[Closing days]

Closed every Monday(open on July 18th) and on july 19th(Tue.),22nd(Fri.),August 12th(Fri.) and 26th(Fri.)

[Museum hours]

9:00-17:00

[Admission fee]

400 yen  for an adult(300 yen for a group),250 yen for a high school and a university student (150 yen for a group),Free of charge for an elementary and a junior high school student
Free of charge for a person with disabilities with presentation the Physical Disability Certificate and one caretaker
Amounts shown in parentheses are group rate(over 20 people)

展覧会の概要 

絵本と鳥の巣は、小さな命が育つ場所

 絵本作家・鈴木まもる(1952年生まれ)は『せんろはつづく』、『ピン・ポン・バス』などの人気絵本をはじめ、210冊以上の本に絵を描いています。また、野山で見つけた鳥の巣の形にひかれて、研究を続ける鳥の巣研究家でもあります。日本や世界各地をたずねて集めた鳥の巣は、なんと400種類、2000個以上。鳥の巣の図鑑や絵本を何冊も出版しています。
 この展覧会では、大小さまざまな世界の鳥の巣の実物約30点と、絵本の原画約80点をご紹介します。身近な自然がますます好きになる、ユニークな展覧会をお楽しみください。

鈴木まもるプロフィール

jigazo
鈴木まもる

画家・絵本作家・鳥の巣研究家
 1952年東京都生まれ。東京藝術大学美術学部工芸科中退。
 1995年、『黒ねこサンゴロウ』シリーズ(偕成社・竹下文子/文)で赤い鳥さし絵賞
 2006年、『ぼくの鳥の巣絵日記』(偕成社)で講談社出版文化賞絵本賞
 2014年、『ニワシドリのひみつ~庭師鳥は芸術家』(岩崎書店)で産経児童出版文化賞JR賞
 2016年、『世界655種 鳥の卵と巣の大図鑑』(吉村卓三共著・ブックマン社)で日本作家クラブ第1回あらえびす文化賞
 2021年、『あるヘラジカの物語』(星野道夫原案、鈴木まもる/文・絵、あすなろ書房)で第2回親子で読んでほしい絵本大賞

 主な絵本に『ピン・ポン・バス』(偕成社)、『せんろはつづく』(金の星社)、『いのちのふね』(講談社)、『みんなあかちゃんだった』(小峰書店)、『おじいさんとヤマガラ』(小学館)、『だんろのまえで』(教育画劇)、『あるヘラジカの物語』(あすなろ書房)、『ウミガメものがたり』(童心社)など。
 鳥の巣を扱った絵本に『鳥の巣の本』『世界の鳥の巣の本』『ぼくの鳥の巣コレクション』(岩崎書店)、『鳥の巣みつけた』『鳥の巣研究ノートPart1,2』(あすなろ書房)、『ぼくの鳥の巣絵日記』『鳥の巣いろいろ』『ふしぎな鳥の巣』『鳥の巣ものがたり』『ツバメのたび』『日本の鳥の巣図鑑 全259』(偕成社)、『ぼくの鳥の巣探検』『世界の鳥の巣をもとめて』(小峰書店)、『世界655種、鳥と卵と巣大図鑑』(ブックマン社)。2013年に『世界の鳥の巣の本』の英訳版が米国のWestern Foundation of Vertebrate Zoologyから出版された。

関連事業

*新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、予定を変更する場合があります。詳細についてはお問い合わせください。

(1)鈴木まもる記念講演会「絵本と鳥の巣の不思議」

​※鈴木まもる記念講演会「絵本と鳥の巣の不思議」は定員に達しました。

 鳥の巣研究家として有名な鈴木まもるさんが、世界各地の鳥の生態や鳥の巣の不思議について、イラストを描きながら分かりやすく解説してくれます。
日時:7月23日(土曜日) 午後1時30分~午後4時
定員:30名 参加無料
会場:小山市立博物館 視聴覚室

(2)ワークショップ「鳥の巣をつくってみよう」

※ワークショップ「鳥の巣をつくってみよう」は定員に達しました。

 鈴木まもるさんと一緒に、鳥のように鳥の巣をつくってみましょう。用意するものは、身近な材料と自由な心だけです。
日時:7月24日(日曜日) 午前の部 午前10時~12時/午後の部 午後1時30分~3時30分
定員:各回親子16組(幼稚園児・小学生とその保護者) 
参加料:500円
​持ち物:エプロン、鳥の巣に使いたい材料(あればご持参ください)  
会場:小山市立博物館 体験学習室

(3)渡良瀬遊水地&コウノトリ情報コーナー

 渡良瀬遊水地に定着しているコウノトリの写真などを展示します。もっと詳しく知りたくなったら、ちょっと足を伸ばして交流館や遊水地へ行ってみましょう。
会場:車屋美術館 肥料蔵
協力:小山市自然共生課、渡良瀬遊水地コウノトリ交流館

自然共生課
渡良瀬遊水地コウノトリ交流館

 こーのとり         ユウスイチ

関連画像

セカイトリス
『世界の鳥の巣の本』鈴木まもる 著、岩崎書店 

レール
『せんろはつづく にほんいっしゅう』鈴木まもる 文・絵、金の星社

ムース
『あるヘラジカの物語』星野道夫原案、鈴木まもる 文・絵、あすなろ書房

タートル
『ウミガメものがたり』鈴木まもる 作・絵、童心社

こうようじゃく
キムネコウヨウジャクの巣 

シマエナガ カマドトリ
エナガの巣                  セアカカマドドリの巣

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)