• 【ID】P-1621
  • 【更新日】2020年3月30日
  • 【アクセス数】
  • 印刷する

渡良瀬遊水地とラムサール条約について

ラムサール条約とは?

ラムサール条約は、正式名称を「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」といい、たくさんの渡り鳥が利用する湖や沼など国際的に重要な湿地や、そこに暮らすさまざまな生きものを守るための条約です。
1971年にイランの町「ラムサール」で行われた会議で作られたことからこの町の名前にちなみ「ラムサール条約」と呼ばれるようになりました。
渡良瀬遊水地は2012年7月にルーマニアの首都ブカレストで開催されたラムサール条約第11回締約国会議(COP11)において、ラムサール条約湿地に登録されました。

ラムサール条約湿地登録までの経緯

2008年5月18日

シンポジウム「みんなで考えよう渡良瀬遊水池の賢明な利用」を開催
(主催:渡良瀬遊水池をラムサール条約登録地にする会、日本野鳥の会栃木県支部)

2010年9月28日

小山市議会が「渡良瀬遊水地のラムサール条約湿地登録に関する陳情書」を採択

2012年2月28日

治水事業の推進団体と自然保護団体3団体との間で「渡良瀬遊水地の治水対策事業・ラムサール条約湿地登録に関わる誓約書」を締結

2012年7月3日

渡良瀬遊水地がラムサール条約湿地に登録(登録面積2,861ヘクタール)

※大沼(北海道)、渡良瀬遊水地(栃木県、茨城県、群馬県、埼玉県)、立山弥陀ヶ原・大日平(富山県)、中池見湿地(福井県)、東海丘陵湧水湿地群(愛知県)、円山川下流域・周辺水田(兵庫県)、宮島(広島県)、荒尾干潟(熊本県)、与那覇湾(沖縄県)の9か所が新たに登録

このページの内容に関するお問い合わせ先

自然共生課 渡良瀬遊水地係

〒323-8686 栃木県小山市中央町1丁目1番1号 6階

電話番号:0285-22-9354

ファクス番号:0285-22-9546

メールでお問い合わせをする

アンケート

小山市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?