• 【ID】P-6790
  • 【更新日】2024年6月5日
  • 【アクセス数】
  • 印刷する

子どもたちの未来のために ~オレンジリボンキャンペーン20年の歩みとこれから 2024~×第2回おやま市民大学

開催主旨

みなさまは「オレンジリボン運動」をご存じでしょうか。平成16年に小山市で起きた児童虐待事件をきっかけに発足した、子どもの虐待をなくすことを呼びかける市民運動です。事件から20年たった今、小山市では、事件を風化させず、また二度とこのような事件が起こらないよう「オレンジリボン運動」を立ち上げた方たちの想いを次世代に継承していくため、「オレンジリボンキャンペーン」のあり方を検討しています。

子どもたち、ママパパたちが健やかに暮らせるまちにするにはどうしたらよいのか、いまできること、将来したいこと、そのため必要なことはなにかを一緒に考えていきましょう。

参加資格

小山市内に在住、在勤、在学する方、市内に存するまたは、市内で活動する企業、民間団体などで関心のある方など

定員

20名(申込者多数の場合は抽選になります)

開催日時・内容

第1回 令和6年6月22日(土曜日) 13時30分~ 2時間程度  小山市役所本庁舎会議室

講話「児童虐待を防ぐために地域住民ができること 〜社会的養護とは〜」(仮)

講師は、栃木県県南児童相談所の職員をお招きします。

第2回 令和6年8月3日(土曜日) 13時30分~ 2時間程度  小山市役所本庁舎会議室

講話「市民運動のオレンジリボンキャンペーン」(仮)

講師は、滋賀県の「市民団体CERびわこ」の方をお招きします。

第3回 令和6年9月29日(日曜日) 13時30分~ 2時間程度  小山市役所本庁舎会議室

講話とグループワーク 地域活動、市民運動に関する講話とグループワークを予定しています。

講師は、白鷗大学教育学部の伊崎純子教授をお招きします。

第4回 令和6年12月7日(土曜日) 13時30分~ 2時間程度  小山市役所本庁舎会議室

グループワーク 参加者のみなさんで地域活動、市民運動の「地域モデル」を考えます。

講師は、引き続き、白鷗大学教育学部の伊崎純子教授を予定しています。

第5回 令和7年3月1日(土曜日) 13時30分~ 2時間程度  小山市役所本庁舎会議室

グループワーク みなさんが考えた「地域モデル」を発表し、共有いたします。

講師は、引き続き、白鷗大学教育学部の伊崎純子教授を予定しています。

参加費

無料です。

申し込み期間

令和6年5月23日(水曜日)~6月14日(金曜日) ※期間を延長しております。

応募方法

専用フォームからお申し込みください。 ←こちらをクリック

※原則、全5回にご参加いただければと思いますが、一部のご参加でもお受けしております。欠席の回がございましたら専用フォームにその旨ご記載ください。お申し込み後の欠席連絡については、お手数ですが直接担当者までお申し出ください。

※申し込みいただいた後のご案内、抽選結果等の連絡はメールで行わせていただきます。迷惑メール設定等により受信できないことがございませんようご確認をお願いいたします。

オレンジリボンワークショップ2024チラシ

このページの内容に関するお問い合わせ先

子育て家庭支援課 子育て支援係

〒323-8686 栃木県小山市中央町1丁目1番1号 3階

電話番号:0285-22-9857

ファクス番号:0285-22-9670

メールでお問い合わせをする

アンケート

小山市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?

なお、ご意見・ご感想等がございましたら、「メールでお問い合わせをする」に必要事項を記載のうえ、送信ください。

メールでお問い合わせをする