• 【ID】P-2586 (P-1901)
  • 【更新日】2021年11月25日
  • 【アクセス数】
  • 印刷する

多重債務問題は解決できます!

多重債務(借金)問題には、様々な法的な解決策があります。そして、早めの相談が重要です。
小山市消費生活センターでは、多重債務の相談を受けています。
勇気を出して、行って、話して、悩みから解放されましょう。

1.多重債務の恐ろしさ

消費者金融(ローン)やクレジットの無計画な利用により、借金が雪だるま式に増えてしまう「多重債務」状態に陥るケースが増えています。中には、夜逃げや自殺など深刻な状況に追い込まれる人もいます。

2.ローンもクレジットも借金です

私たちは、お店でクレジットカードを提示するだけでお金を支払わずに商品を購入することができます。
しかし、クレジットカードの利用も、消費者金融からの借入れと同じ「借金の契約」です。その契約に基づいて、あなたは後でお金を支払わなければなりません。

また、お金を借りるローンには、住宅ローンや自動車ローンのように使い道が限定されたものと使い道が自由なものがありますが、使い道が自由なローンほど金利が高い傾向にあります。

3.金利の負担に注意しましょう

借りたお金を返済する時は、借りた金額に金利を加えて返さなければなりません。
毎月の返済額は同じでも、金利が高いほど返済の負担は重くなり、また、返済に要する期間も長くなります。
金利と合わせて、いくら返済しなければならないのか、よく注意する必要があります。

4.多重債務に陥らないために注意すること

ローンやクレジットを利用する際の注意点をまとめました。

  1. それは本当に必要なお金(もの)ですか?
  2. 今すぐ必要なお金(もの)ですか?
  3. 金利はどのくらいかかりますか?
  4. 自分の収入で、きちんと返済していけますか?
  5. 借金返済のための借金ではないですか?

5.多重債務に陥ってしまったら

万が一、自分の収入で借金を返済できない状況になってしまっても、安易に返済のための借金をしてはいけません。それは、借金が雪だるま式に増える多重債務の始まりです。
早くに、小山市消費生活センターもしくは多重債務相談窓口に相談しましょう!

小山市消費生活センターに来所の際には、事前に電話をしてからお訪ねください。
また、すでに完済したものを含め、手元にある契約関係の書類をすべて持ってきてください。

このページの内容に関するお問い合わせ先

市民生活安心課 市民安全相談係

〒323-8686 栃木県小山市中央町1丁目1番1号 2階

電話番号:0285-22-9282

ファクス番号:0285-22-9897

メールでお問い合わせをする

アンケート

小山市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?