• 【ID】P-3970
  • 【更新日】2022年3月25日
  • 【アクセス数】
  • 印刷する

保護費を返していただく場合があります

資産などの資力がありながら保護を受けたとき

このようなときには、その受けた保護金品に相当する金額の範囲内の額を、資力が活用できたときに返還しなければならないこととされています。
たとえば、

  1. 利用してない土地などの資産があるが、すぐに処分できず、その後に処分できたとき
  2. 交通事故の補償金を受け取ったとき
  3. 年金をさかのぼって、受けとったときなど

不正な方法で保護を受けたとき

収入があるにもかかわらず、その届出(申告)をしなかったり、事実と違った届出をするなど不正な方法により保護を受けた場合は、支給した保護費を徴収され、処罰されることがあります。

このページの内容に関するお問い合わせ先

福祉課 保護第一係

〒323-8686 栃木県小山市中央町1丁目1番1号 2階

電話番号:0285-22-9622

ファクス番号:0285-24-2370

メールでお問い合わせをする

アンケート

小山市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?