• 【ID】P-2276
  • 【更新日】2018年5月22日
  • 【アクセス数】
  • 印刷する

都市景観形成事業の紹介(1)

観晃橋・橋詰広場

昭和52年8月18日、思川に架かる観晃橋が洪水のため陥落し、架け替えることが決定されました。
この時、市民の中から「せっかく架け替えるならば、機能性のみを追求したいかにもコンクリートや鉄の塊といった無機質な橋ではなく、人間性や美観に配慮した橋にできないか。」という声があがりました。
このことが、本市の都市景観を考える大きなきっかけとなり、昭和63年度に都市景観形成モデル都市の指定を受け、本格的に都市景観の形成に取り組み始めることになり現在に至っています。
デザインは、小山市の新しいシンボルとして、また市民に親しめる橋とするため現代的な新しいイメージとするとともに、思川の河川環境と調和させるためデザインはできるだけ目立たないようにし、河川公園や思川の自然環境を眺めることができるように配慮しています。
左岸上流にある橋詰広場は、観晃橋や思川の水辺や緑を眺める場所として、また休憩の場として機能させ、歩道と一体的なデザインを用いています。また、昭和11年に架設された石積みの旧親柱の一部を保存し、歴史的な記憶をとどめています。

事業期間

昭和53年4月から平成4年7月まで

施設概要

観晃橋

構造形式

6径間連続PC曲線多重(2室)箱桁橋

道路照明
  • 21基
  • 歩道舗装:擬石平板ブロック

その他

ランター(16基)・デザイン高欄(620メートル)・デザイン親柱(4基)、アルコープ(10基)、橋詰広場

ベンチ

2基、記念碑 旧橋親柱、舗装擬石平板ブロック、植栽

表彰等

平成2年度「とちぎの道と川100選」選出(観晃橋周辺の思川として)

ステージ城東(城東公園まちかど広場)

平成6年度に実施された「城東公園まちかど広場デザインコンペ」の一席入選作に基づき、その入選の決めてとなった独創性とデザイン的な統一感を損なわないよう、入選者(中町仁治氏)により実施設計を行いました。
円形広場を地下に埋め込み、外部からの視線を避けた市民のふれあいの場を提供し、円形広場で直角に交わる斜めの軸線は、都市的な緊張感を生み出しています。
また、水や芝生を用いた幾何学的な広場も魅力的なものとなっています。
整備にあたっては、公園と道路の協調整備を進め、より市民のみなさんに愛着と誇りを持ってもらうため、積極的に住民参加方式を取り入れ、地元自治会、婦人会、育成会等とともにワークショップ方式にて幾度と無く意見を交換して進めました。
その結果、一般公募による益子焼の陶板設置(約1,100枚、土留壁及び思い出の池)や、水と親しめる池や噴水、地域の活動の場としての円形舞台、スケートボードバンクやバスケットリングの設置なども行っています。
完成にあたり、地元に手による記念イベント実施のための委員会が地元に設置され、完成祝賀会が盛大に開催されました。
祝賀会当日に愛称も「ステージ城東」と決定し、これにより祝賀会は現在においても「ステージ城東フェスティバル」として残り、毎年開催されています。

事業期間

平成8年1月から平成8年9月まで

設計

有限会社空間計画研究所

施設概要

面積

約3,500平方メートル

構造

SRC造打ち放し

施設構成

  • 思い出デッキ
  • 思い出広場の池
  • パフォーマンス広場(木製舞台ファイ5メートル)
  • スケートボードバンク(ファイ3.3メートル)
  • バスケットリング(競技用2基、児童用1基)
  • タイムカプセル(8基)
  • 親水施設 ウォール滝(高さ:5.5メートル)
  • 歩道張出部

舗装

  • 自然石吹付舗装
  • コンクリート平板
  • 芝生

照明

  • アップライト(21基)
  • スポットライト(9基)

植栽

シラカシ(8本)

表彰等

  1. 平成9年度「第9回美しいまち賞」受賞
  2. 平成10年度「都市景観大賞(景観形成事例部門・小空間レベル)」受賞

ステージ城東

小山市立中央図書館

図書館の敷地と城東公園との敷地を仕切ることなく一体的に利用し、敷地の有効利用を図るとともに、緑豊かな環境が広がるように計画し、中庭を設けることにより樹林を敷地内に取り込み、公園と連続した図書館のイメージを創出しました。
そのため、正面玄関のほか公園から直接入る入口を設け、施設利用動線も公園との一体化を図っています。
同時に、21世紀をイメージしたモニュメントを設置することで、新しい街の景観づくりと新しい環境の形成を意図しています。

事業期間

平成3年3月から平成4年9月まで

施設概要

敷地面積

5,950平方メートル

構造

鉄筋コンクリート造(地下1階地上3階建て)

建築面積

2,948平方メートル

延床面積

5,199平方メートル

アプローチ

磁器質タイル貼り

駐車場

アスファルト舗装(駐車台数50台、内身障者用1台)

駐輪場

土間コンクリート

植栽帯

低木植栽

モニュメント

「創造の墳(おか)」「作:斉藤史門」

表彰等

平成5年度「栃木県マロニエ建築賞・審査委員会賞(公共建築部門)」受賞

中央図書館

このページの内容に関するお問い合わせ先

都市計画課 都市政策係

〒323-8686 栃木県小山市中央町1丁目1番1号 4階

電話番号:0285-22-9203

ファクス番号:0285-22-9685

メールでお問い合わせをする

アンケート

小山市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?