• 【ID】P-2731
  • 【更新日】2024年1月22日
  • 【アクセス数】
  • 印刷する

弾道ミサイルが飛来する可能性がある場合にとるべき行動

弾道ミサイルが飛来する可能性がある場合にとるべき行動について、市民の皆さまへお知らせします。
弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。
ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラートを活用して、防災行政無線等で特別なサイレン音と共にメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。

弾道ミサイルを想定した住民避難訓練を実施しました

弾道ミサイルが発射された際の行動に関する理解を深め、適切な避難誘導、避難行動を図るため、国・県と共同による県内初となる「弾道ミサイルを想定した住民避難訓練」を1月22日(月曜日)、城山町3丁目地内及び城山・サクラ・コモンで実施しました。

下記をご覧いただき、皆様の地区でも積極的な訓練実施をお願いいたします。

メッセージが流れた直後に取るべき行動

屋外にいる場合

近くの建物や地下に避難してください。
近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守ってください。

屋内にいる場合

できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動してください。
なお、さらに詳しい情報については、下記の関連リンクをご参照ください。

以下のPDFファイルは内閣官房からの情報です。

このページの内容に関するお問い合わせ先

危機管理課

〒323-8686 栃木県小山市中央町1丁目1番1号 6階

電話番号:0285-22-9869

ファクス番号:0285-22-9816

メールでお問い合わせをする

アンケート

小山市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?