ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

家庭ごみと資源物の分け方・出し方

印刷用ページを表示する更新日:2018年4月13日更新 <外部リンク>

小山市では、家庭ごみを「可燃ごみ」「剪定枝」「プラ容器」「紙・布類」「びん・缶・ペットボトル」「不燃ごみ」「有害ごみ」「粗大ごみ」という8つの区分で収集しています。
「粗大ごみ」以外はごみ収集所で各地区で決められた日にごみを収集しています。

「家庭ごみと資源物の分け方・出し方」を公開しました!

小山市の家庭ごみと資源物の分け方・出し方についてのご案内です。
以下のリンクからダウンロードが可能です。
家庭ごみと資源物の分け方・出し方(PDF:3,448KB)
この冊子は平成28年4月以後の新分別制度の内容に準じています。
A3概要版「家庭ごみの分け方・出し方」(PDF:1,323KB)
概要版ポスターです。ごみ箱近くの壁などに貼って分別の確認にお使いください。

家庭ごみと資源物の分け方02の画像家庭ごみと資源物の分け方02の画像

ごみの分別に困ったときには・・・

ごみの分け方に迷ったときの参考に!ごみの分け方チャート表と分別一覧(50音順)で出したいごみの分別を確認してみましょう。主だったものを取り上げているため、例外もあります。分け方・出し方の詳細は「家庭保存版 家庭ごみと資源物の分け方・出し方」をご覧ください。
ごみ分別一覧(50音順)・ごみ分け方チャート表
ごみの分別について50音順で一覧になっているものとごみの分け方のチャート表をを掲載しています。

出し方を注意してほしいごみ

ライター・スプレー缶・ガス缶等

使い切っていないライターや、スプレー缶・ガス缶が収集車の中で発火して火災の原因となっています。ライターは使いきり、スプレー缶・ガス缶は釘などで穴を開けて不燃ごみの日にお出しください。
ライターの正しい捨て方(一般財団法人日本喫煙具協会)(別のページを開きます。)<外部リンク>
一般財団法人日本喫煙具協会よりライターの捨て方についての案内がありますので、参考にしてください。
エアゾール缶の正しいごみの出し方(一般社団法人日本エアゾール協会)(別のページを開きます。)<外部リンク>
スプレー缶(エアゾール缶)の捨て方についての案内が一般財団法人日本エアゾール協会より出ていますので、参考にしてください。
スプレー缶・カセットボンベは必ず中身を使い切りましょう(告知用チラシ)(PDF:2,039KB)
使い切れない、中身が抜けないなど、カセットボンベに関する問合せは、商品に表示されているメーカー、販売元、または、一般社団法人日本ガス石油機器工業会(電話0120-14-9996)で対応しています。

粗大ごみの出し方

1辺が50cm以上のものは収集所に出せません。
直接、中央清掃センターに持ち込む(無料)か、環境課に収集の予約(有料)をしてください。
詳細は粗大ごみの出し方のページをご確認ください。

ごみ収集所の利用方法

各地域に設置されている「ごみ収集所」は自治会に管理等をお願いしていますので、お使いになる収集所の場所は、各自治会にてご確認ください。
また、ごみ収集所の新設・移動・廃止等の手続きや収集所整備に関する補助金の申請はお住いの地域の自治会長及び廃棄物減量等推進員の連名での申請が必要です。
なお収集所の利用にあたっては、以下の点にご注意ください。

ごみ収集所を利用する際の注意点

収集所は、利用されている皆さんの協力でいつも清潔に保ちましょう!

収集所の管理ができない(清潔が保てない)場合、廃止することもあります。

必ず決められた収集所を利用しましょう!

ほかの地域に排出すると、収集日の違いなどにより収集されず、地域の方々に迷惑がかかります。

排出日と排出時間を守りましょう!

排出時間は朝5時から8時です。
排出日を間違えたり排出時間が遅れた場合、ごみが収集されず残されていまします。
また、その日のごみの量、交通状況によって収集時間が変わる場合がありますので必ず朝8時までに出しましょう。
収集日は地区によって異なります。地区別の家庭ごみ収集カレンダーをご覧ください。

ごみ分別のルールを守りましょう!

ルール違反シール
分別方法に誤りがあると「ルール違反」として「ルール違反シール」が貼られ、収集されません。自分が出したごみが残されてしまった場合には、いったん自宅に持ち帰り、分別しなおして正しい収集日に排出してください。
「ルール違反シール」に何が誤っていたかをチェックしてありますので、内容を確認していただき、「ルール違反シール」をはがしてから出し直してください。

家庭ごみ収集カレンダー

平成30年度(平成30年4月~平成31年3月)家庭ごみ収集カレンダー
地区別の家庭ごみ収集カレンダーがダウンロードできるページへリンクしています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)