• 【ID】P-1751
  • 【更新日】2023年3月1日
  • 【アクセス数】
  • 印刷する

見守り新鮮情報 障がいのある方も気を付けて!SNSで副業トラブル

障がいのある方も気を付けて!SNSで副業トラブル

私は福祉施設の職員だが、福祉作業所で働いている知的障がいがある男性が、SNS広告の副業サイトを見て、ネット上で商品を購入して転売するマニュアルのようなものを購入した。高額なクレジットカード決済と振り込みをし、何度か支払ったようだが、利益を上げられるとは思えない。高額な支払いが難しいので困っているという。(当事者:20歳代)

ひとこと助言

  • 副業しようとインターネットで情報商材等を購入したが、利益は出ないのに支払いが高額で困っているというトラブルが、障がい者の間でも起きています。
  • 「誰でも簡単に稼げる」などのうまい話しはありません。SNSや広告をうのみにしないよう、本人と話し合っておきましょう。
  • 問題に早く気付くためにも、日ごろからのコミュニケーションが大切です。家族や周りの人は、日常の生活や会話の中でいつも違った様子はないかなど見守るとともに、相談しやすい関係を築いておきましょう。
  • 困ったこと、不安なことがあれば、小山市消費生活センター(電話番号:0285-22-9282)や消費者ホットライン(電話番号:188)等にご相談ください。本人だけで相談するのが難しい場合は、家族や周りの人が付き添いましょう。

国民生活センター:https://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mailmag/mj-shinsen445.html

このページの内容に関するお問い合わせ先

市民生活安心課 市民安全相談係

〒323-8686 栃木県小山市中央町1丁目1番1号 2階

電話番号:0285-22-9282

ファクス番号:0285-22-9897

メールでお問い合わせをする

アンケート

小山市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?