• 【ID】P-1857
  • 【更新日】2022年7月5日
  • 【アクセス数】
  • 印刷する

見守り新鮮情報 墓じまい 離檀料に関するトラブルに注意

墓じまい 離檀料に関するトラブルに注意

事例1

自宅から遠く、自分も入るつもりはないので、墓じまいを寺に申し出たところ、300万円ほどの高額な離檀料を要求され困惑している。払えないというとローンを組めると言われた。(80歳代 女性)

事例2

跡継ぎがいないのでお寺に離檀したいと相談したところ、過去帳に8人の名前が載っているので700万円かかると言われた。不当に高いと思う。(70歳代 女性)

ひとこと助言

  • 今あるお墓を片付け、寺などの墓地の管理者に返還する墓じまいの際に、高額なお布施(檀家をやめるときに寺へのお礼として慣習的に支払う、いわゆる「離檀料」等)を要求されたという相談が寄せられています。
  • 離檀料に明確な基準はなく、金額に納得がいかない場合は、基本的に寺などと話し合うことになります。
  • 墓じまいは勝手にできず、寺などが発行する「埋葬証明書」などが必要です。家族や親族を交えるなどして、よく話し合いましょう。
  • わからないことがあれば、小山市消費生活センター(電話番号:0285-22-3711)や消費者ホットライン(電話番号:188)等にご相談ください。

国民生活センター:https://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mailmag/mj-shinsen424.html

このページの内容に関するお問い合わせ先

市民生活安心課 市民安全相談係

〒323-8686 栃木県小山市中央町1丁目1番1号 2階

電話番号:0285-22-9282

ファクス番号:0285-22-9897

メールでお問い合わせをする

アンケート

小山市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?