• 【ID】P-4558
  • 【更新日】2023年7月27日
  • 【アクセス数】
  • 印刷する

見守り新鮮情報 土地売却のため?金銭を要求されたら要注意!原野商法の二次被害

土地売却のため?金銭を要求されたら要注意!原野商法の二次被害

数十年前に「宅地造成するから」と勧められて山林を購入したが、その後宅地ができる様子はなく、そのまま所有するだけになっていた。高齢になり、子や孫に迷惑をかけたくないので売却したいと考えた矢先、仲介業者から土地の売却を勧める電話があり、媒介と測量を依頼することにした。事業者は180万円で売却するので媒介手数料20万円を先払いするよう要求してきた。すぐに支払ったが、その後連絡が取れなくなった。(80歳代)

ひとこと助言

  • 過去に原野商法で土地を購入し処分に困っている消費者に、土地を売るためと言って、測量費や広告費、手数料など様々な名目で金銭を支払わせる手口に関する相談が寄せられています。
  • 土地の売却のためと言われて、何らかの名目で金銭を要求されたら、契約する前に家族や周りの人に相談しましょう。少しでも不審に感じたら、きっぱりと断ることも大切です。
  • 土地の相続や処分等については、様々な情報を集め、焦らずに家族でよく話し合いましょう。
  • 困ったときは、小山市消費生活センター(電話番号0285-22-9282)や消費者ホットライン(188)等にご相談ください。

国民生活センターHP:https://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mailmag/mj-shinsen457.html

このページの内容に関するお問い合わせ先

市民生活安心課 市民安全相談係

〒323-8686 栃木県小山市中央町1丁目1番1号 2階

電話番号:0285-22-9282

ファクス番号:0285-22-9897

メールでお問い合わせをする

アンケート

小山市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?