• 【ID】P-1752
  • 【更新日】2023年2月22日
  • 【アクセス数】
  • 印刷する

見守り新鮮情報 引っ越しの際の破損・紛失トラブルに気を付けて

引っ越しの際の破損・紛失トラブルに気を付けて

引越事業者に荷造りを任せて引っ越しをした際、有名作家が作った一点ものの陶器の縁が欠けてしまった。引越事業者は責任を認めて弁償するというので約4万円と申告したが、事業者が提示した金額はずいぶん少なかった。事前に貴重な陶器作品とは申告していないが、有名作家が作ったので今購入したらもっと高額である。納得できない。(60歳代)

ひとこと助言

  • 引っ越しの際に「荷物が破損した」「紛失した」といった相談が寄せられています。引っ越しの契約には、国が定めた標準引越運送約款か国土交通大臣の認可を得た事業者独自の約款の記載に従うことになります。契約の際は、約款をよく確認しましょう。
  • 貴重品や壊れやすいものなどはあらかじめ事業者に申告しましょう。
  • 破損や紛失があった場合、荷物の引き渡し後3か月以内に申し出ないと事業者の責任が消滅します。引っ越し完了後は、すぐに荷物の状態を確認することが大切です。
  • 損害賠償が受けられる場合も、購入時の価格が補償されるわけではないことを認識しましょう。
  • 困ったときは、小山市消費生活センター(電話番号:0285-22-3711)や消費者ホットライン(電話番号:188)等にご相談ください。

国民生活センター:https://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mailmag/mj-shinsen444.html

このページの内容に関するお問い合わせ先

市民生活安心課 市民安全相談係

〒323-8686 栃木県小山市中央町1丁目1番1号 2階

電話番号:0285-22-9282

ファクス番号:0285-22-9897

メールでお問い合わせをする

アンケート

小山市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?