• 【ID】P-2014
  • 【更新日】2021年11月25日
  • 【アクセス数】
  • 印刷する

見守り新鮮情報 ふたや内容物が飛ぶことも!圧力鍋の使用に注意

ふたや内容物が飛ぶことも!圧力鍋の使用に注意

約15年前に購入した圧力鍋で豆を煮ていたところ、突然大きな音とともにふたと重りが飛び、顔と頭を縫うけがをした。圧力鍋のふたの手入れが不十分だった可能性がある。(60歳代 女性)

ひとこと助言

  • 圧力鍋は調理に便利な一方で、正しく使わないと、思わぬ事故が起きることがあります。必ず取り扱い説明書に従って使いましょう。
  • 蒸気口など圧力調整部分が詰まった状態で使うと、ふたが飛んだり内容物が噴き出たりすることがあります。使用前は、異物が詰まっていないか、ふたがしっかり閉まるかなどを確認しましょう。使用後の手入れもしっかり行いましょう。
  • 亀裂などの劣化がみられるパッキンは使わず、新しいものと交換してください。
  • 豆類などの皮のある食品やカレー・シチューなどの粘性の高い食品は、圧力調整部分に詰まる可能性があります。取り扱い説明書などで分量や調理方法を確認してください。
  • 購入する際は、国が定めた安全基準に適合していることを示すPSCマークや、電気圧力鍋の場合は、合わせてPSEマークの表示があるか確認しましょう。

見守り新鮮情報:http://www.kokusen.go.jp/mimamori/pdf/shinsen402.pdf

このページの内容に関するお問い合わせ先

市民生活安心課 市民安全相談係

〒323-8686 栃木県小山市中央町1丁目1番1号 2階

電話番号:0285-22-9282

ファクス番号:0285-22-9897

メールでお問い合わせをする

アンケート

小山市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?