• 【ID】P-1898
  • 【更新日】2021年12月2日
  • 【アクセス数】
  • 印刷する

見守り新鮮情報 新型コロナを口実にATMへ誘導する還付金詐欺!

新型コロナを口実にATMへ誘導する還付金詐欺!

事例1

「3万円の還付金がある」と市役所を名乗る電話があり、口座のある銀行名を聞かれ答えた。その後、その銀行を名乗り「新型コロナの影響で65歳以上は銀行に入れないのでショッピングセンターのATMに行くように」と電話があった。不審だ。(60歳代 女性)

事例2

役場を名乗る電話があり「介護保険料の返金がある。新型コロナの影響で返金期限が早まり手続きは本日までだ。携帯電話と通帳を持って銀行のATMへ行き、指定の電話番号に電話し指示通りに操作するように」と言われたが詐欺ではないか?(60歳代 女性)

ひとこと助言

  • 役所などの公的機関や金融機関の職員が還付金手続きのためにATMの操作をするよう連絡をすることは絶対にありません。
  • 「お金が返ってくるのでATMに行くように」という電話があったら還付金詐欺です。相手にせず、すぐに電話を切ってください。
  • 新型コロナを口実にしてATMへ誘導する手口もみられます。心当たりがあっても、指示された番号に電話はかけず、役所の担当部署に確認してください。
  • 不審な電話があったらすぐに警察(小山警察署 電話番号:0285-31-0110)や小山市消費生活センター(電話番号:0285-22-3711)消費者ホットライン(電話番号:188)等にご相談下さい。

国民生活センター:http://www.kokusen.go.jp/mimamori/pdf/shinsen408.pdf

このページの内容に関するお問い合わせ先

市民生活安心課 市民安全相談係

〒323-8686 栃木県小山市中央町1丁目1番1号 2階

電話番号:0285-22-9282

ファクス番号:0285-22-9897

メールでお問い合わせをする

アンケート

小山市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?